ノウハウ提供者の玉川さんとの協議により、平成19年10月いっぱいで販売中止とすることにしました。

「この役立たず!」

部下からもバカにされ続けた2代目ムコ養子が、ヒマつぶしついでにあみだした、無料で年間1,823人もの新規見込み客を集める非常識な方法とは?

tamakao.jpg
From:玉川 和浩
金曜日、千葉県千葉市、午後6時20分

なぜ同業者であるアナタに秘密を公開するのか?

それはこのノウハウを皆さんに公開するのは、小さいけれど真面目で一生懸命な工務店を支援し、地元の真面目な工務店がバカを見る世の中を変えたいと思ったからなのです。
そして私のノウハウを公開することによって、以下のような悩みからアナタが少しでも開放されればとの思いからなのです。
[check]あなたの会社はコストダウンの努力をしていますか?
部材の統一、仕入れ交渉、現場マネージメント等、コストダウンにもいろいろあります。
しかし、経営にとって一番有効な本当のコストダウンは顧客獲得コストを減らすことなのです。
見えない営業経費こそが経営を圧迫する元凶です。
このノウハウを知る最大のメリットは、顧客獲得コストが激減することなのです。
[check]総額1000万円以上の無駄遣い
正直に申し上げますと、私はホームページ作りで失敗ばかりしてきました。
今だから言えますが、【失敗したホームページ】作りに多額の投資をしてきたのです。
どんなに無駄な投資をしてきたかというと

私はあなたにこんな負担はさせたくないのです!
[check]詐欺まがいIT会社に引っかかった
アナタもこんなホームページを作ってお金をドブに捨てていませんか?

その理由は・・・

もうそんな業者に依頼するのはとお金を投資することはやめて下さい。
我々工務店を食いものにするIT関連業者にお金をむしり取られるのは、もうたくさんです!
[check]今までの営業手法が通用しない
私は人生で一番大きな買い物である「住宅」を「アポ無し訪問」と「営業マンのテクニック」で販売するという発想そのものが大嫌いです。
だから飛び込み営業も大嫌いです。
飛び込み営業だけでなく今までの営業手法が通用しなくなってきているのは、アナタもお分かりでしょう。
それを解決するのは情報発信です。
インターネットは大手ハウスメーカーと唯一同じ土俵に立てる情報発信媒体なのです。

早く取り組んだもん勝ちのネット集客

インターネットの世界はドッグイヤーと言われ考えられなくらいのスピードで進んでいます。ですから、ノウハウが古くなると効果が期待できないことがあります。
そのため、私のこの「インターネット集客の極意」もノウハウの鮮度を保つため、販売数、販売期間とも限定させていただきます。
初版限定価格は先着15残り3名までです。
お申し込みはカンタンです。

いまスグこちらからお申し込みください。

ご購入はこちら

告白します。以前の私は会社のお荷物でした(恥)。

こんにちは!玉川和浩です。

ひたすら広いフロアーに、ポツンと机を3つだけ置かれて、そこに独り座りながら思わず「ハァ〜」とタメ息をついていました。

これが、ほんの8年前の私の状況です。
正直に言うと、妻を恨みました。
「なんで、こんな状況の会社に私を引っ張り込んだんだ!」と、怒りさえ感じていました。
私は「住宅の営業経験」はゼロだったのです。
私は、今でこそインターネット集客で成功していますが、当初は大失敗の連続でした。
ある集客イベントの失敗で、私は社内で孤立してしましました。

あまりにも暇になってしまったため、自社のホームページを作ることを思い立ちました。
これが私にとってターニングポイントでした。

ヒマで他にやることがなくてインターネット集客をスタート

今から8年前ですが、当時は本当にヒマでした。
といっても、社内で【私だけ】がヒマでした。
何もやることがないんです。

部下もいなくなってしまったし、広いフロアーには「私一人」しかいません。

お昼時に奥さんと一緒に食事に行くことくらいしか日常業務(?)はありませんでした。

「これは、や・やばいのでは・・・。」
と、さすがの私も危機感を持ち始めたのです。
「これじゃ、ますます社員さんの信用を無くすよなぁ〜・・・・」
肩書きだけの課長ですが、給料をもらっているので何かやらねばなりません。

そこで考えたのが「会社のホームページ作成」です。
なぜ、これをやろうとしたのかと言えば、理由は3つあります

  1. 8年前に「これからの時代はインターネットだっ!」と感じていたこと。
  2. しかし、「インターネットでは誰も家を買わないよ」と感じていたこと。

    つまり、社内では誰もインターネットについて詳しい人がいなかったこと。

  3. パソコンの前に座っていると、それだけで「仕事をしている」ように見えること。(これが一番重要!)

思い返すと、なんて情けない動機だったのでしょう。
本当に情けない。恥ずかしいです。

しかし、当時は「これなら暇つぶしになるな」と真剣に思っていましたから、まずはパソコンを購入してもらうことから始めました。

そのパソコンを接続し、ヤフーなどを利用しながらいろいろな会社のホームページを見まくっていました。

「会社案内を作ろう」という程度の意識でしたから、まずは他社の物真似からスタートしました。
これが結構面白くておもしろくて。

ちょっとだけ作っては、社長や奥さんに見てもらって、「どうですか?」なんて自慢していました。

そのうち、デザインセンスに優れている社員さんを一人巻き込んで、ますますホームページにのめりこんでいきました。

ある時、若手社員(営業部)とインターネットについて、くだらない話をしていた時(確か、アダルトサイトのことだったですね)、彼の一言でまたまた私は奈落の底に落ちていくのでした。

「玉川課長は一応営業部所属なのですよね。ホームページは何か営業に役立っているのですか?何か成果はありますか?」

その一言は効きました。
「や、やばいな。みんなはやっぱり私を【役立たず】だと思っているんだ。」
当時の私は相当ひねくれていましたから、そんな意味で言ったのではない社員さんの発言を勝手に解釈してしまったのです。

どうでしたか?

私は「こんな情けない理由・状況」で【インターネット集客の世界】に入っていきました。
それから1〜2年間の試行錯誤の連続によって出来上がったのが現在のホームページなのです。

みなさんには同じ失敗を繰り返していただきたくないのです。

8年間「インターネット集客」に取り組んできた結果、この「成功への法則」が少しだけ判ってきました。

そして、「インターネット集客方法」は私に大きな成果をもたらしてくれました。

それは【集客コストがかからなくなった】ということです。
「集客コスト0(ゼロ)?本当かよ」と思われたかもしれません。
でも、本当なのです。

私がメールのやりとりをしているため、人件費までが全くゼロという事にはなりませんが、社外に広告費という名目の出費はなくなりました。

そしてこのホームページからの問い合わせ客が、今では年間1,823人にのぼり、受注の殆どをまかなっています。

通常の【営業】といわれる主だった活動もしていません。チラシも撒きません。
大嫌いな営業研修制度も廃止しました。(笑)

冒頭でも言いましたが、私が自身の失敗談をあえてさらしてまで、このノウハウを皆さんに公開するのは、小さいけれど真面目で一生懸命な工務店を支援し、地元の真面目な工務店がバカを見る世の中を変えたいと思ったからなのです。
そのポイントとなるのが情報発信です。

情報発信の方法にもいろいろありますが、これからはインターネットを無視するわけにはいきません。
ホームページをいかに活用するかが地場工務店の生き残りの鍵です。

この【インターネット集客の極意】ではそのインターネット集客テクニックを余すところなく公開します。

アナタのホームページが24時間365日

給料なしで文句も言わず働き続ける

スーパー営業マンに変身する!

【インターネット集客の極意・3部作】

【15名限定】初回特別配布版

インターネット集客の極意・3部作の内容を公開します。

第1部【インターネット集客の極意・初級編】

インターネット集客の極意・初級編

この初級編では「ついにわかった!ホームページから資料請求をとる方法」と題して、工務店がネット集客に取り組む際の基本的な考えかたを中心に話を進めます。
例えばその内容の一部を紹介すると・・・

>>ゾンビと呼ばれるほど死にかけた会社を復活させたある集客方法との出会いとは?

>>利益を出している会社にはこのノウハウを読んで欲しくないある重大な理由とは?

>>私が無駄に支払った1,000万円以上のホームページへの投資額の内訳とネットにうとい住宅業界人をだます殺し文句とは?

>>ホームページを文句も言わず24時間365日無給で働くスーパー営業マンに変えた無料の方法とは?

>>私がインターネット集客にはまった今にして思えば非常に不謹慎なきっかけとは?

>>社員デザイナーに作らせたキレイなだけのホームページが失敗する理由とは?

>>社員の批判の中取り組んだ、重たいトップページからの試行錯誤とは?

>>初めてホームページに訪問したユーザーに信用してもらい、問い合わせしてもらう仕掛けとは?

>>誰も見てくれないホームページから''地場工務店1アクセスサイトへ変貌させた3つの秘策とは?

>>ホームページ作成の前に成功または失敗の結果がわかってしまう一番重要な○○とは?

>>会社案内型のホームページがおちいるトップページの落とし穴とは?

>>お客さまが絶対に資料請求したくない問い合わせフォームの典型的な例とは?;

>>営業マンに代わり自社の家づくりの説明をしてくれるホームページであえて全てを書かない戦略とは?

>>トップページに必ず書かなければならないテキスト文章とは?

>>トップページに大きな画像を入れたときでも早く表示させる工夫とは?

>>トップページを構成する文章の組み立て方とは?

>>当社のホームページで一番人気のコンテンツとは?

>>人気コンテンツを最大限に利用して資料請求をとる方法とは?

>>多くの人にホームページを知ってしてもらうための無料で出来る効果的な誘導方法とは?

>>ホームページ作成業者に全てを任せると100%集客できないと断言できる根拠とは?

>>トップページのテキストをどんどん読ませるうちに次に読ませたい文章に誘導させる、ホームページに営業マンの役割を持たせる方法とは?

>>ホームページを読んだ人のうち「何がわからないのかわからない状態」の人まで無意識に問い合わせさせる方法とは?

>>誰でも素早くホームページからの反応をテストできるクリック型広告の有効な使い方とは?

>>無視できない?自社の施工地域外からの資料請求に対応するには?

>>小さな工務店が無料でホームページが作れ、更新も簡単に出来る方法とは?

第2部【インターネット集客の極意・中級編】

インターネット集客の極意・中級編

この中級編は複数あるインターネット集客法の中でも、特に無料で今すぐにでも実践できる方法を解説します!

例えばその内容の一部を紹介すると・・・

>>ホームページやブログと組み合わせると最強になる、無料集客ツール「メルマガ」のラクチン発行法とは?

>>メルマガを複数発行し、本命メルマガへ誘導する秘策とは?

>>メルマガ発行者にとってやる前からわかっていないと精神的ダメージを受ける、毎回発行するごとにおこるショックな出来事とは?

>>当社でイベントへの誘導や資料請求が増え始めた2002年頃〜2003年初め頃の呼び込みメルマガの読者数は?

>>私が利用しているオフラインでの小冊子資料請求広告の1回あたりの費用を教えます!

>>小冊子の内容をすべて公開しても資料請求につながった非常識な方法とは?

>>タウン誌ではなくメルマガ上であえて製本された小冊子のプレゼントを告知したワケとは?
そしてその結果得られた資料請求件数とは?

>>製本された小冊子プレゼントの希望冊数を2冊限定にしたある仮説とは?

>>小冊子の原稿を分割して配信する際のテクニック「お昼の連ドラ法」TMとは?

>>既に小冊子を持っている人が今すぐ簡単に資料請求を取れるメルマガ配信の流れとは?

>>メルマガを発行する際に忘れてはならない無料メルマガ配信サイトとは?検索エンジンのグーグルに上位検索されやすい配信サイトを紹介!

>>インターネットで資料請求を取る場合に必要な基本の3点セットとは?
またその3点セットの利用方法とは?

>>小冊子がない人でもメルマガを発行しながら小冊子の原稿が出来てしまう、超簡単な裏ワザとは?

>>これからのブロードバンド時代を見据えた工務店経営者が迫られる、3つの選択肢とは?

>>私が唱える最小限の営業マンが最大限の効果を発揮するための方法論「営業マン不要論」の骨子とは?

>>工務店にとって真の敵であり、経営を圧迫する最大要因とは?

>>多くの住宅営業ノウハウ本に書かれていない、最も経営者に必要な観点とは?

>>粗利が300万円あっても大赤字になり、社長の手元には一銭も残らない本当の理由とは?

>>飛び込み営業の非効率さを徹底的にわかりやすく解説します!
飛び込み営業でお客様から害虫扱いされながらも契約に至った場合のコストとは?

>>総合住宅展示場に地場工務店が出展すると失敗する、典型的なモデルケースとは?以前の当社を例にケーススタディーします!

>>契約棟数が急増している会社に聞きたい本当のところ○○は会社に残っているのか?

>>営業マンの質を上げても成約率を上げても解決しない集客コスト増の問題点とは?

>>1人で年間数十棟も契約出来るスーパー営業マンや伝説の営業マンを不要と言い切る3つの理由とは?

第3部【インターネット集客の極意・応用編】

インターネット集客の極意・応用編

この応用編では中級編までを実践して、資料請求が増加した後のフォロー対策を中心に解説します!

例えばその内容の一部を紹介すると・・・

>>ホームページからの資料請求を激増させるために必要な初めの一歩とは?

>>インターネット集客の本来の目的とは?
資料を請求してもらうのはその目的への単なる第一ステップ過ぎません!

>>お客様との相性を見極めるために実際に会って話を聞くことがなぜそれほどまでに重要なのか?

>>お客様が自らイベントに参加する際と、こちらが訪問営業する時のお客様の180度違う心理状態とは?

>>私が元ハウスメーカーのトップ営業マンから教わった、情報過多の現代では全く役に立たないセールステクニックとは?

>>アナタが自社の現状を把握するのに必要な「ファーストコンタクト分析法」TMとは?

>>営業マン不要論を唱える私が考えた、資料請求からイベント終了までの当社の事例を紹介!

>>資料がお客様に届いた頃に電話でお客様に必ず聞かなければならない魔法のクエスチョンとは?

>>記入を断るお客様にはイベントへの参加をお断りするほど重要なお客様データの必須項目とは?

>>イベント参加者の情報分析で一番大切な、たった一つの検討テーマとは?

>>資料請求者に対して初めて送るガイドブックをメールに添付して送信する際の文例とは?
私の事例を公開します!

>>資料請求が来てから成約まで誰が何をすべきかハッキリわかる「役割明確化シート」付き!

>>顧客管理と顧客フォローを誰が何をやっているか、現状を把握するための6つの質問とは?

>>いろいろ実践する中で、インターネット集客で絶対に忘れてはいけない目的とは?

さて、今までの説明で私の【インターネット集客の極意・3部作】が、どれほど中身の濃いものであるか、おわかりになりましたか?

しかし、このページをご覧頂いたアナタへのプレゼントはそれだけではありません。

今回申し込まれた先着15名様に限りBIGな特典をご用意しました。

【重要】

初版申し込みの方、限定15名様に42,100円相当のボーナス特典を無料でお付けいたします。

【インターネット集客の極意・3部作】と併用することで、アナタのホームページを活性化し、集客パフォーマンスを限界まで引き上げる3大ボーナス特典をご提供!(42,100円相当)

■ボーナス特典1

単なる問い合わせ客をプラン打ち合わせ客にランクアップさせる
【メール商談の極意】
A4用紙・27ページ(19,800円相当)

ホームページから問い合わせがあっても、メールでの返事いかんによっては、全く商談が進まない場合があります。

実は問い合わせを取る事よりも、その後のメールでのやりとりの方が難しいのです。

メールではお互い顔が見えない人とのやりとりが続きます。
そのためこちらの意図しない伝わり方をすることもあります。

そんな事態にならないためにも、私からあなたにメール商談の極意を伝授します。

その内容の一部を紹介します

  • 初めての問い合わせの際、何を書いた人がその後の商談が早いか瞬時に見極める方法とは?
  • 偽名で問い合わせてきた人でも、100%契約できると確信できるあるタイミングとは?
  • 問い合わせ客とのその後の関係を予想するために必要な「5派分類」とは?
  • 5派分類を簡単にする各派の特徴とは?
  • 成約率が高い人、資料請求で終わってしまう人の問い合わせパターンとは?


■ボーナス特典2

インターネット集客戦略を考える前にやっておくべきこと
A4用紙23ページ・解説つき(14,800円相当)

インターネット集客に取り組む前に必ずやっておくべきことがあります。

本教材である、「インターネット集客の極意・3部作」とあわせて読むとより一層効果的です。

  • インターネット集客で成功するための「仕組み」づくり大研究
  • 「インターネットでの資料請求について」現状分析シート
  • 「イベントで発生した新規客への対応」現状分析シート
  • 間違いだらけの「資料請求フォーム」とは?
  • 感動を伝えるためのガイドブック作成術を公開!
  • 私が考える「戦略」を一言で表現すると・・・
  • 簡単!超ラク!!イベント企画方法の極意
  • お客様の声をどうやって集めますか?

などなど、ホームページのコンテンツ作成に欠かせない内容となっています。

■ボーナス特典3イマジンホームビルド・青木氏提供

自分で出来る!検索エンジン上位表示対策基本編
A4用紙15ページ(7,500円相当)

アナタのサイトは検索エンジンで何番目に表示されますか?
会社名で検索すれば出てくるって????

ちょっと待ってください。

検索エンジン対策というのは、あなたがお客さんになって欲しい人が、検索するであろうキーワードで上位に入らなければ意味はないのです。

この青木さんの特典ではそんな検索エンジン対策の基本を詳しく解説してくれています。。

その内容の一部を紹介すると・・・

  • 検索エンジン上表示対策(SEO)とは?
  • SEO対策をする上で、絶対にしてはいけない3つのこととは?
  • SEO的に重要なタグとは?
  • その重要なタグの改善方法とは?
  • HTMLの基本について
  • 自分でHTMLのエラーチェックをするには?
  • 上位表示にとって重要なリンクとは?
  • どういうサイトにリンクされればSEO的に有利なのか?
  • 究極の上位表示対策とは?

これでアナタも、自分である程度の検索エンジン対策が出来るようになると思いますよ。

いかがでしょうか?
これだけ盛りだくさんの内容でアナタのホームページ戦略のお手伝いをします。

「10万円以下じゃ売れねぇ、でも・・・」

さて、肝心の価格ですが、正直迷いました。
「やっぱり俺が1,000万円以上ドブに捨てて築いたノウハウだからな〜。俺はそれだけの自己投資をしてきたんだから・・・」と。
このノウハウにふさわしい価格はいったいいくらなのだろうか?

これを公開すればライバルを増やすことにもなります。

しかし、ITにうとい地場工務店の仲間がこれ以上ホームページ作成業者のカモにされるのを見てはいられません。

私が全国で講演している目的は、優良地場工務店のネットワークを広げること。
ならば、小さい会社にも負担なく購入してもらえる金額設定にすべきではないかと思い直しました。

こうして私が決めた【インターネット集客の極意・3部作】の価格は39,800円です。

「この役立たず!」と社員からバカにされ続けた2代目婿養子が、周囲の冷たい視線にもめげずに確立した、無料で年間1,823人もの新規見込み客を集める非常識な方法がたったの39,800円で手に入れることが出来るのです。

私が講師を務めるセミナーでは午後1〜5時のセミナーで参加費は通常31,500円です。

しかもセミナーだけですべてを吸収するのは難しいでしょう。
それともアナタは一から自分で取り組みますか?
そのために費やす費用と時間を考えたら・・・。

しかも、初版申し込みの方、限定15名様にはさらに割引があります。

なんと!
商品定価42,100円相当の特典をすべて無料でお付した上に、通常価格の3万円引きの9,800円でお求めいただけます。

ウソではありませんし、熱があるわけでもありません。
私は正気です。

今回のご案内では先着15名様に限り9,800円でお売りします。

この価格ですからすぐに先着15名様は埋まってしまうのは間違いありません。
我々のセミナーは10万円の高額セミナーでもご案内してから1週間以内に満席になってしまいます。
アナタが購入を迷われているなら、今すぐに決断いただきたいのです。

割引価格は特典の都合により15名と限られています。
インターネット集客の勝ち組の仲間入りをしたい方、早い者勝ちです。

いまスグこちらからお申し込みください。

ご購入はこちら

tamaneme.png

【それでもまだ、申し込みを迷われている方へ】
私はまだ工務店業界にインターネットという最先端技術が殆ど導入されていない頃から
ホームページでの集客に取り組んできました。

そしてついに小さな工務店でも出来るインターネット集客の方法を確立したのです。
後から続くあなたは私に続けばいいのです。
アナタにゼロからのチャレンジは必要ないのです。

インターネットは我々地場工務店が唯一、大手ハウスメーカーと同等に戦える土俵です。

アナタのインターネット集客が成功する事を心より祈っています。
それがこのノウハウを公開する理由であり、私の望みですから。

初版割引価格は15残り7名様限定です。
定員なり次第、すぐに締め切りとします。

ご購入はこちら

特定商取引法に基づく表記

販売業者有限会社 イマジンホームビルド
運営責任者青木義博
所在地〒294-0056 千葉県館山市船形1277-42
お問い合せ方法
電子メールinfo@1sitauke.com
電話0470-20-5501
FAX0470-20-5502
URLhttp://www.1sitauke.com/
お申込み方法申し込みボタンより決済サイトへ
お申込み有効期限販売ページに記載の期限内
商品の発送方法ダウンロードURL配布
お支払い方法クレジットカード、振り込み
キャンセル代金の支払い前まではキャンセル可
返品ダウンロード商品は返品不可とします
返品の際の送料お客様のご都合による返品の場合、送料はお客様負担となります
販売条件日本国内のみ
著作権について著作権は販売者であるイマジンホームビルドに帰属します。無断での複製・販売を禁止いたします

ご購入はこちら

a:2740 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM