住宅営業ノウハウを公開

現場のマナー

現場のマナー

本日のお題は
【現場のマナー】
です。

さて、今日はちょっとショックなことがあったので
そのことについて。

アナタは新建ハウジングを購読していますか?
購読していれば読んでいるかもしれませんが、8月20日号の
新建ハウジングに
「現場マナーでハウスメーカーに負けた」というトップ記事が
載っていたんですよ。

営業マンの人数、会社の規模、設計提案力、広告での安心度、
モデルハウス、企業としての認知度などなど・・・。

はっきり言って私も含めてアナタの会社もハウスメーカーには
敵わないところだらけだと思います。

だからさ、現場だけは負けちゃいけないんじゃないの?
地場工務店にとって現場はモデルハウスですよ。

その自分たちのフィールドでもお客さんからのアンケートで
ハウスメーカーより地場工務店の方がマナーが悪いって言われているんです。

これは由々しき問題ですよ。

アンケートによると、
「喫煙マナー」「近隣に対する配慮」「現場の清掃」という基本中の基本の部分で
ハウスメーカーの方がレベルが高いという回答だったそうです。

アナタは現場マナーどうしていますか?

職方に徹底させていますか?

私がいつも現場周辺に挨拶状を撒いて、それと同時に資料請求させたり、
見学会のお誘いチラシをポスティングしたりしましょうと言っていますよね?

それを仮に実践してくれたとしても、ご近所の人が現場を覗いたときに
誰かがくわえタバコで仕事をしていたら、全部台無しですよ。

私の現場は吸殻が落ちていたら、絶対タバコの銘柄から特定人物を割り出して
その協力会社の代表者に責任を取らせます。
具体的には手間から罰金を引きます。

電話で、

「あのー、イマジンの青木ですが。
アナタのところの職人は私が教育するんですか?
ウチの現場にタバコの吸殻落ちてるんですけど。
どこにいるか知らないけど、今すぐ取りに来いよ。
今日中に取りに来なかったら、本数×1万円を手間から
引くから。」ブチッ。

と一方的にキレ気味に通告します。
これで大体片付きます。

私の場合、多分マインドが特殊なのかもしれません。

どういうことかというと、私は
「この現場は私を信用してくれたお客様のものであり、
この現場では私の意見は絶対だ。」
と思っているんです。

お客さんの現場の敷地内ではアメリカの大統領よりも
私のほうが偉いと思っていますから、マジで。
完全な独裁者です。(笑)

アナタには、アナタのやり方が
あるでしょうから、私のやり方がいいと言ってるわけではありません。

ただお施主さんもタバコを吸わないし、私もタバコを吸わないので、
頭に来るんですよね。
吸殻落ちてると。

もちろんあいさつとかの他のマナーもですけど。

まあ、アナタは徹底しているとは思いますが、
もう一度現場マナーをチェックしてみてください。

では、今日も実践しましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional